« 2009年11月 | メイン | 2010年01月 »

2009年12月

2009年12月03日

スリーマイルズ

本日は、スリーマイルズの皆さんと、お食事会でした!

IMG_6695407.jpg

新潟初のハーレーカスタムショップ。
91年創立から19年、全国的にも、老舗
パイオニア的チョッパー屋のスリーマイルズ。

16年前、まだTZRに乗ってた18才の私コヤマン。
たまたま実家が近くて、恐る恐る覗いた、怪しいバイク屋。
キラビヤカなチョッパーに衝撃を受けたのは、言うまでもなく、
総督と呼ばれる店長に宇宙の神秘を説かれて…。当時をしる人には懐かしい話。

今や、カスタムパーツのデストリビューターとしても、国内最大級。
コアクルーもいつも御世話になってますm(_ _)m

IMG_235467.jpg

バックヤードには、数万点はあろうかというパーツの山!

全国各地のカスタムショップにパーツを発送するスタッフの皆さん!
日本のカスタムハーレーシーンは、ここから発信されている!
と言っても過言ではありません。

IMG_555478.jpg

カスタム部門もスゴイ!こちらは、ターボを組んだツインカム!
横浜ロッドショウで公開予定だそう。

2速で180㎞出るんだとか!
ハヤブサも真っ青。

IMG_456323.jpg

そんなマイルズ!!
(地元新潟じゃ愛を込めて、皆が そぅ呼ぶんです)
の車輌輸入トレーダー、ノザワさんは、バイカーにして,
サーファーで オーバルビートル乗りでパンヘッドカスタム中。
素敵なチョイワル兄貴!

IMG_4789658.jpg

渡米の最に、現地スワップミートでゲットしたレアパーツやオフパーツは
、コアクルーのショウルームにて 密かに展示販売中。

そんなこんなで、スゴイぞ!スリーマイルズ!
と持ち上げつつ!
新潟のショップ同士ガンバリましょーう!てコトで

今日は日頃のお疲れ様会っ に呼んで頂き 有難うございましたぁ!!

IMG_1145722.jpg


ラメグリップを始め、オリジナル商品満載。
スリーマイルズ ホームページ!

2009年12月04日

ツインカムダイナ2010 と三拍子!?

IMG_695427.jpg


ビッカビカの新車。2010年newモデル ダイナローライダーです!
1580ccの大排気量に6速ミッション。極太フロントフォークに
新デザインのキャストホイール。低い車高で走りを予感させマス!

ディーラーでは、御法度になってしまったマフラー交換。
ジェントルな純正マフラーも素敵ですが、コアクルー得意の
サンダーヘッダーにしちゃいます,f^_^;)

IMG_3542249.jpg

迫力のスタイル。間違いなくキマるマフラーです。
排気音は,まさに雷鳴!云わずと知れた、重低音バズーカで御座います。

ファットになったリァタイヤに負けない迫力のリヤビューがコレです!
ウルサイのは 嫌って方には,サイレンサーの増減で音量調整致します。
車検対応も出来ますョ!

IMG_562443.jpg

インジェクション車には、同時にコンピュータ交換がオススメっ!
環境対策で,ガスが薄めに設定されたnewモデル。
正直パワフルさに欠けてしまうのですが、ベストな燃調にセッティングする事で、
ハーレーらしい トルクフルな加速 を体感出来ますョ!

そして皆さんから、何より ご要望の多い、いわゆる三拍子サウンド♪
に近づけるのもセッティングで可能になります!

但しっ!極端にアイドリン回転数を下げてしまうと…
油圧低下によりエンジンオイルが循環せず、 大トラブルの元凶!
バッテリ充電不良になる など、実は 良いコト無い んですね。

コアクルーでは、アイドリング回転数を抑えながらも
エンジンが安定して回り,かつスムーズなスタートが し易いようにと,
<800回転前後>に設定しています☆

もちろんショベルなど旧車も同じく!
ダカタッ タカタッ と,三拍子アイドリングさせてるのが、
チョーカッコイイ と云われたのも、実は,ヒト昔前の 神話 にすぎません(^◇^;)
調子良く,楽しいバイクがナニヨリ1番ですからね!

ホットロッドカスタムショウ

今週末12/6(日)はイヨイヨ!
待ちに待った ホットロッドカスタムショウ ですぜっっ!!

IMG_695477.jpg

多彩な海外ゲストや本場アメリカ国内shopが一同に集まる,
カスタムカー,モーターサイクルの祭典♪
  
今回は コアクルーも初出展!にして、
なんとラットロッドが集るっ!,
ラットアイランド ブースでの展示ですd(^_^o)
コアクルーのリーサルウェポン!でイキマス!!

IMG_55655879.jpg


オールドスクゥルな69”アーリーショベル リジット

ハイマウント エッグタンクbullのレザーシート,
リブフェンダー,ショートサンダーヘッダー!

オールドセリアーニ ボラーニ Hリム ピレリタイヤで
oldイタリアンレーサーな 脚廻り。

Fブレーキレスのスーサイド ジョッキー。
ナロゥなハンドルバーはインナースロットルで、
レバー スイッチ類は皆無。

ストック排気量1200ccのエンジン
完調のS&S Lキャブに、マグネトー点火☆
古のレーサールックで、その実、中身は…

サンダンスチューン!!
キック即始動。 感動!!! のライドフィール♪

WPC アーマープレーティング 他、
マルチグレードOIL仕様で油滲み無し。
ミッションもサンダンスリビルドで快調変速。

ヴィンテージパーツ多数。

そして、もう一台はHOTROD!36'ford

IMG_6655478.jpg

放課後ロッダーでグリル他、変更中。

IMG_69570.jpg

以前のグリル、剣道部くんはオブジェになっとります。
新生ロビンマスク顔です!

IMG_365472.jpg

しかも自走っ!雪降ったとしても、チェーン巻いて
ジンジン鳴らしながら会場入りしますぜっ!

まってろ!YOKOHAMA!RATISRAND!

IMG_547809.jpg

ちなみに、今回のパシフィコは展示場を最大に使った
巨大スペースとなる模様! 一日で廻りきれないカモ ( ^ ^ )/□

ホットロッドカスタムショーの詳しいイベント告知は
MOONEYESホームページ
でチェックしてみて下さいね d(^_^o)

それでわ!皆さん横浜で、お会いしましょう!


2009年12月05日

12月5日~7日ロッドショー出展のためお休みさせて頂きます

12/5土 6日、及び7月はイベント,
ホットロッドカスタムショー出展のため、お休みさせて頂きます。

IMG_695477.jpg

たくさん勉強して帰ってきマス!イベントレポートも後日UPするので、お楽しみに♪ スタッフ一同。礼。

IMG_6655478.jpg


2009年12月10日

ウェルカムパーリー♪

設営が済んだら、エントリー対象者、海外ゲストが一同に会する,
前夜祭☆ Get Together Party デス!
IMG_655842107.jpg

セルフでハンバーガー!ビール片手にLet’sパーリ~♪
IMG_69587473.jpg

HARDCORE CHOPPER誌のマコナベさんも,並びマス♪
明日は忙しくなりますね!業界人も、しばし休息。
IMG_3658.jpg

BANDのLIVE!気分が盛り上がりビールがススミマ~ス♪
IMG_896254130.jpg

BRATSTYLE のGO タカミネ君!
今回の HRCS ではSR等国産カスタムだけのコーナーが設けられるほど
盛り上がりを見せる、ドメスティックシーン の先駆者☆
IMG_114587272.jpg

元WCCのメカニック!
かの,ジェシージェイムズに認められた日本のサムライ!
アキさん!が立ち上げたHOG KILLERSから,来たベース車こそが
現在製作中コヤマンショベルです。
IMG_7695412923.jpg

CHOPPERSのメンバーにして、イラストレーターのキース ウィズナー!
彼のアートの大ファンだとカタコト英語でコミニケーション♪
お人形さんみたいな奥様も♪
ウェルカムジャパン!
IMG_75843709.jpg

HD社公認アーティスト。
青銅彫刻家にして、世界的なコレクター,SINNERSメンバー。
クロッカーなど超希少車をカスタムして乗り回す、
走る芸術家様。 ジェフデッカー
シモンシャチョーは以前のデイトナからの再会♪
IMG_46358440.jpg
seeyouDAYTOMA!アィムライド~クロッカ~イェ~
てな感じで、なんと覚えててくれたみたい!

その上,CCでコアクルーって!
サービス満点のジェフデッカー様!
これには、シモンシャチョーも少年の笑顔(#^.^#)
しかも、FORDにサインまでしてくれました。感無量デス。
IMG_869854165.jpg

MOONEYES シゲ菅沼シャチョー!お疲れ様デス!
こんにち のカスタムカルチャーを日本に持ち込んだ、第一人者!!
偉大な功績に 感謝!!
IMG_79658987.jpg
後ろに写ってるのは、
ZZTOPビリーギボンズの愛車!
so-calスピードショップの手掛けた’60sスタイルのサンダーバード!
本物の美しさでした!

皆、大好きアメリカングラフィティ!これこそ、原点 という方も多いでしょうね。
イエローのデュースクーペは永遠のシンボル。
レプリカは数あれど,劇中で使用された 正真正銘ホンモノ がやってきました!
IMG_25695873.jpg

今もこうして、あの時のまま!隣りに並んだ210とのレースシーンが甦りマス♪
ヘィ!ミルナー!っと呼ぶ声が聞こえてきそう。

明日はデビー役のキャンデークラークに会える !
え?アメグラ観てない? そんな貴方は、
コアクルーblogなど見てる場合じゃありません!
今すぐレンタルビデオ屋に行きなさい!( ^ ^ )/□ 
 
 
 
明日はイヨイヨ本番デス!
IMG_236365427.jpg

これが出展者に配られた会場見取り図。
パシフィコ全会場となった今回。

とにかく広い!もはや、1日で観て回るのは不可能!?
ともあれ、明日が楽しみ♪

2009年12月11日

Hotrod Costom Show'09 続報!

IMG_6364107.jpg


ついに開幕!!Hotrod Costom Show 2009!!!!
まずは、ココをcheck!

今日も 快晴!! のYOKOHAMA♪
YOKOHAMA


朝から行列の会場ッ!既にスゴい熱気!
コアクルーの車両は、ラットアイランドブースに展示!写真撮ってェ!
やっぱロッドショウは来場者数がケタ違いデス。

IMG_007023643.jpg

IMG_89364430.jpg

多くの方が、足を停めてくれました!感謝!
 
 
キャバレロ号も大人気!
こんな車に乗りながら、低姿勢で真面目なキャバちゃんデス。
来場者の質問に丁寧に応対してました♪

IMG_127365472.jpg  

パンプキンサリーさんの '35 はヤハリ別格の存在感でしたね。
荒々しい見た目とは裏腹に,細かい作り込み。
ラットロッドの呼び名が当てはまらない,ホンモノのHOTRODです。
IMG_6854707.jpg

去年のベストオブカー&モーターサイクルの2台。
はたして今年の授賞車は?
IMG_523654749.jpg


まずは、今年の海外ゲストのバイクをチェック♪
Roland Sands Design のHDレーサー NoRegrets!
PMの御曹子ローランドは、AMA250クラスチャンピオンに輝いた
レーサーにしてデザイナー。HDカスタム界が注目する新風!
スーパースポーツとハーレーカスタムを融合させた独創的スタイル!

IMG_00214573.jpg

ローランド,RSDのTシャツを丸めて どうすんの?
と見ていたら、
IMG_487527.jpg
投げたっ!クリスマスプレゼントか!?しかも何枚も!
さすがセレブ!居合わせたファンはラッキー☆
IMG_245879.jpg
ナイスファンサービス!さすがは御曹子!どんだけセレブやねん!

IMG_36547773.jpg

ウェスタンリバーさんがGET!と思いきや、ローランドがくれた!って。
売ったり、たまに投げたり♪ あげたりしてたみたい。
やはり ヤる事 が違いますわ☆
IMG_3636547858.jpg

RSD迫力の入場シ~ン

rolout%5B1%5D.jpg

動画は、kustomculture の伝道師
BURNOUTMAG nashさんのblogから!


CrazyFastcracker! トムフォスターと!
小さい体で、デカいバイクをブッ飛ばすのが、カッコイイんだわ!マジで!
漢字で<速狂>とTATTOを入れてるスピード狂!にして、日本好き。
YOKOHAMA
ボーイング社のエンジニアを経て、カスタムビルダーに。
見せかけのハイパフォーマンスではなく、リアルに走る姿にシビレマス。
MORE SPEED!MORE HAPPY!!


ヨーロッパ初のゲスト、スイスのハードナイン!
昨年のサイドバルブがスゲーカッコよくて!! HPがまたカッコよくて気になってたHARD9
コレね、↓
YOKOHAMA


なんと、昨年はスイスから個人でエントリーしてた、と聞いて惚れました!
今年は招待ゲスト!またもやイカしてます!
BMXみたいな遊び心満点のWLは、DANNYの頭文字DをとったDMX☆
YOKOHAMA
YOKOHAMAと入ったスペシャルポスターに、サインもらってウレシいっス!!
チョッパーは世界共通なんだって嬉しくなっちゃいました!
スイスは車検が厳しいらしく、日本のカスタムは、スゲーって言ってた!

YOKOHAMA


シナーズのカティが持ち込んだのは、ディガースタイルのアーリー。
フレーム一体のタンク、フェンダー!
YOKOHAMA
IMG_2944.jpg
エングルービング(彫金ねっ)されたエンジンが美しい
YOKOHAMA 
オリジナルブランド,ヒッピーキラーガレージを発信する一方、
本業は建設業なんだって!
ちなみにチョッパーデーブは来ないの?と聞いたら、トゥビジーなんだとか
…残念。カティの写真がピンボケで不採用。Wで残念。

 
 
マフラーがそびえ立つマークドリュースのパン。
YOKOHAMA
現在なんと漁師さん!!あくまでブライベートビルダー。
スワップミートに通いつめ,集めた部品で作られたといぅガレージチョッパー。
雰囲気満点。カリホーニァの乾いた空気を伝えるかのようです!
YOKOHAMA
このタンクなんて、世界遺産ですわね。ガウディもびっくり!? 
 
 
こちらも、同じくガレージビルダー、ゲィブ グリフィンのART作品!!
YOKOHAMA
YOKOHAMA
ガラス?!を散りばめたタンクに、ブラックなシッシーバァ。
強烈に主張しているアーティスティックな作品。
チョッパーとは何なのか?問いかけてくるようなタンク。
アメリカは、、深い。
二人の走行シーンを動画で!!

チョッパーディブのバイクを塗ったペインター,としても有名な
ハィスクールの高校美術教師,Harpoon も自らのバイクを展示。
YOKOHAMA
こちらも、天にそびえ立つシッシーバァ。トレンドですな。
ペイントこそ地味だけど、フレィムスのモールドが入ったタンクが個性的。


こちらは、Dice magazine が持ちこんだショベル
オーソドックスな一台。スタンダ~ドが良いのだょ!と主張してました。
ラムホーンバーの格好良さを再認識♪
YOKOHAMA
画像ブレまくりでスイマセン。
IMG_2923.jpg

タンクペイント綺麗でした!
YOKOHAMA
Dice MAGブースにて♪あいかわらず毎回ノリノリのMATT!とにかく楽しそう♪
はぃダブルピース!やってくれましたョ W。
YOKOHAMA
 
海外ゲストの走行シーン動画要チェックですぜ!! 
 
そして、こちらがアメグラのデビー役 キャンディクラークさんです!
面影ありますね~サイン会は長蛇の列!
涙流して喜ぶ方も!ForeverロマンスDEBBY
YOKOHAMA
 
 
 コチラは個人で来日していた御2人!fromSPAIN!
YOKOHAMA
コアクルーのアーリーを、とっても気にいってくれた様子♪
このアーリー,ヨーロピアンに大人気なんですョ。
セリアーニとボラーニリム ピレリタイヤなんかが、ツボみたい!
YOKOHAMA
なにやら、いろいろプレゼント頂きました!
スペインのfreekustomcyclesって、ショップ,多分スペインじゃ有名な方だと思われます…
お互いカタコト英語なもんで、、ジェスチャーで会話!!
ホームページで、相互リンクしよぅ!と盛り上がってウレシかったデス!
 
 

ラットアイランドで出展してたアーティスト,The PIZZ
コアクルーにも彼のARTが飾ってあります!ティキのポスターね!
YOKOHAMA

YOKOHAMA
ピッズの奥様ユキさん!カラフルなメリケンサックのキーホルダー!
(買いそびれた!!)
カリフォーニア ロングビーチ在住ながら,田舎だからロスに住みたい,
なんて言ってましたけども、毎日がロッドショウのような
アメリカ生活, 羨ましいデス。
YOKOHAMA
COOPにgroryジャスティン・ジェフデッカーに続き、
PIZZにサインしてもらうフォード。スゴい顔ぶれデスぅ(^◇^;)

こちらも大御所。ホットバイクの連載でも おなじみ。
最高速のみを競う、スピード狂の聖地,ボンネビルで戦うレースチーム,
ビーンバンディッツの面々。
YOKOHAMA
なんと結成60年!僕等が生まれる 遥か昔から、
フラットヘッドのレースカーで、スピードを追い求め
レコードを更新し続けている,真のホットロッダー達。
いつかソルトフラッツで会いたい!


YOKOHAMA
ホットロッドやチョッパー系のDVDを売ってた、デビルのカノジョ,
カタコト英語で話し掛けたら、私日本人ですょって!
あぁハズカシー(*^_^*)

YOKOHAMA
おなじみ☆ロッキンジェリービーン☆サイン会!やはり大人気!
YOKOHAMA
RJBが毎回ひきつれてる☆オネーサマ☆胸元のキラキラにクラクラ♪


 YOKOHAMA
お昼もまわって、来場者で混み合ってキマシタ!
ピンストライプのイベントやバンド演奏も始まり、盛り上がってキマシタょ!

続きましては、バイクウオッチング!!

次項 custom bike に続きます!!

2009年12月12日

カスタム①

海外ゲスト達の 本場カスタム に負けない日本のカスタムシーン!
バイクブースは年々拡大!
日本が誇るショップの作品を紹介します!  

YOKOHAMA
まずは、毎回 様々なスタイルのカスタムを持ち込む、チェリーズカンパニーの新作!
徹底した作り込みと、新しいギミックで楽しませてくれます!
このシート,AIRサスで上下する仕組み!トリッキーな取回しのマフラー,クラシカルでエレガントなペイント!
YOKOHAMA
  

2リッターオー!ハイパフォーマンスなモーターと足廻り。
フレームやパーツ色の質感。上質な雰囲気に仕上がってマス!
毎回、カスタムのセンス、技術の幅広さに驚かされます。
広いスペースに 敢えて一台 の展示、近寄って良く見てね!
と言わんばかり!サスガですm(_ _)m
  
YOKOHAMA
派手な入場で、オーディエンスから歓喜の声を浴びた,
デュアスカラス ナックル もSHOWUP!
スタイルではなく!正真正銘のドラッガー。
  

剥き出しのロッカー廻りは、いにしえのレーサー,そのもの!
溢れるオイルは、コックでON OFF。
YOKOHAMA
左サイドに突き出す、S&S, BとLキャブレター二連双。
YOKOHAMA
凶暴な吸気音は大排気量の証。
今後、調整を繰り返し,目指すはボンネビル スピードウィークのレコード!
きっとヤってくれるに違いありません。
  


こちらも、見るからに速そうなFORCEサンのディガー!
ゴージャスなゴールドリーフが真紅の車体に映えます!
YOKOHAMA
スコーピオンシートが攻撃的!
以前にもbuellエンジンのソフテイルを造ってましたね!
速い Harley ゾクゾクします!
  

YOKOHAMA
JENE chopper のブラスシリーズ!
加工が困難な真鍮を素材にした外装,脅威のMETALワーク!
この質感とあいまって放たれる存在感。
YOKOHAMA
真鍮タンクのマットな仕上げながらアクセントのラインは磨き。
素地のエンジンにはマットブラック。
細身のマフラーは上質クローム、エンドで更に細く。
丸みあるタイヤが際立つ、フェンダーは絶妙な長さ と繊細なストラット。
立体的に盛り上がるシートのステッチと、美しくペイントされたベース。

様々な要素を調和させるセンスに脱帽デス!
YOKOHAMA
オイルタンクが無い?ベルトより外に設けたプライマリーケースがそれ!
斬新なアイデア!どこをとっても、独創的。
パワースポット フジヤマ ナンバーが極めつけ?
神々しいチョッパーだ!
  

  
裏原ストリートのボス。HD狂マニアコレクター,
NEIGHBORHOOD タキシン様の、
ファーストイヤー’36ナックルっっ!!  
YOKOHAMA
ナックルの中でも、超々~稀少な最初期型。
これこそHarleyのアイデンティティ!とも云える’36年をベースにした、
贅沢極まりないボッバー!
YOKOHAMA
40~50年代 アフターメーカーのカルト級レアパーツ満載。
ギャンブルレーサーな雰囲気ムンムン。
ハンドルからマフラーなどなど~当時の 最先端ハイパフォーマンスパーツ 
で構成された,マニア過ぎる一台…。
  
  
YOKOHAMA
もぅ一台も、玄人好みのサイドバルブ。
36年のナックル発売後にも併売されたSV。
1200ccにパワーアップした’37Uのエンジン。
VLフレームにインディアンのリーフ式フォークを装着で,
30年代のヒルクライムレーサーのイメージ。
ヴィンティジ車両を,ヴィンティジ部品でカスタム。贅沢!!
YOKOHAMA
時代考証に合わせつつも、フレーム内に収まるよう新たに製作されている,
小さなアルミガスタンク。オイルタンクもアルミ。
バイクのコンパクトさを引き立ててます。
F19R18 オフホワイトのホイールは、ドラムブレーキも同色パウダーコート。
ファイヤストンの細いタイヤがステキ。
ヒルクライマーのイメージを 現代的アプローチ で昇華させた オシャレなカスタム!!
製作のA-syksさんは、HOTDOC 工場長を経た方だとか,納得デス。
  


今年も、大注目!HIDE MORTORCYCLEさん。
大スクリーンに映し出された 走行シーンで、出展車両のイメージは よりREALに!
YOKOHAMA
YOKOHAMA
期待の新作は,とってもコンパクトな、アイアン。
低いハンドル、小さいタンクと同色のシートカウル。
きれいな青色に白いストライプが素敵。
リンカートDCツインキャブ,イイ感じですね~!
YOKOHAMA
ニューオーダーで話題になってた4速フレームのチョッパー!
その名も,STRIKE NARROW EAGLE!!
F19R18の軽快な車体。オーナー自ら, 納車直後に神戸まで
片道600㎞を走破してエントリー!という逸話付。
YOKOHAMA
この、ナロゥなフォルム~
シート下のフレームが作り替えられ,純正フレームの野暮ったさは どこへやら。
むしろリジットよりカッコ良いっサス付フレームに変身!!

一見、解らない所に、緻密なモデファイが施され
絶妙なバランス感を生み出していました。
程良いヴィンテージ感を演出しながらも、現代をガンガン走れるショベル!

ROCK’nROLLをバックに ジーザスしてるオーナー画像が カッコ良過ぎっ!
今回のヒデモに強いジェラシー(>人<;)を感じた人 続出中デス。
  

  
続きましては、富山のBARーBER CYCLEさん。
YOKOHAMA
あたかもタイムスリップしてきたかのような、ボードトラックレーサーを
パンヘッドで表現!深い紺と黄色が印象的。
詰められたスプリンガーと起きたネック,補強入りのフレームなど
拘りのディテールが凝縮。
  

ブラウンのWLは、リアが延長されたヒルクライマーのイメージ。
F18 R19で、より強調されるリア廻り。
前傾して見えるフォルムにロードタイヤで、スーパースポーツに通じる
攻め のスピリッツを感じます。
YOKOHAMA
そして、後ろに見える、赤い一台。純血のヒルクライマーか!と思いきや,
ULクランクに載っているのは、ナックルのトップエンド!
4カムSVとOHVがフュージョン!?
眼を疑う光景。実働に向けて挑戦中の中杉さん!
YOKOHAMA
本業は床屋さん、にわかに信じ難いです…。オールドレーサーへの深い造詣と情熱。
拘りの世界観はブースにも表現されていました。
かの、ジェフデッカーに、店ごと買い取りたい! と打診されたが、断わったのだそぅ。

至高のプライベーター中杉さん,熱いお話し 有り難うございました!
YANK号オーナーの御冥福を御祈り致します。


バーバーさんの、お隣のブースにはHD社のライバル INDIANが!
YOKOHAMA
Harleyは、 馬の音がして!、INDIANは 心臓の音がする!!って
ゴローさんの本で読んだっけ。

YOKOHAMA
こちらのカラフルなSV。ワイルドでヤンチャなビンテージボッバー!  

そして、反対どなりには、HOWGHOLICさん!
YOKOHAMA
60~70年代、アウトローなワイルダー達が好んだようなチョッパー。
YOKOHAMA
このハンドル!ソウルフルじゃありませんか!!
チョッパー創成期から~黄金期まで、様々なアフターパーツが存在していた時代。
バイクフリーク達は、こぞって,自分だけの一台を求めて、
チョッパーをハンドメイドしたのでしょう。

ときに荒々しく、中には寄せ集めや、ゲテモノも存在。
しかしながら この時代のチョッパーには、
パッションとソウルが宿っているんです。  


名古屋のVISE ミヤカワさんのHELL CATも、ソウルを宿したチョッパー!
YOKOHAMA
荒々しくも、この純正フレーム、鋳物感を そのままに
シングルダウンフレームになっていたり、見た目と裏腹に緻密な造り。

以前のベィツシートは、スポンジが飛び出しスギにより変更したそう、
YOKOHAMA
これまた今回も、味わい深いシートですな!
オープンチェーンに カカトでシフト。ワイルド!
YOKOHAMA
おとなりのパンは左右違うパターンのタンクと、アヒル!?が印象的。
なぜアヒルなのか…気になりますが、、謎。

  

ソウルなチョッパーの極めつけがコチラ。
YOKOHAMA
製作中なのか、当時を生き延びたサバイバーなのか…。
ソウルフルすぎて恐怖すら感じるホラーな一台でした。
どんな方が跨がるのでしょうかね!?
  

  
さて皆様、この美しいモーターサイクルをご覧ください。
4輪のロッドカスタムのスペシャリスト
One Low Rod&Customさん製作のトライアンフ。
YOKOHAMA
今回の会場で最も輝いていたのは、間違いありません。

このフォルムとバランス感。微塵のスキも無い,完璧なスタイリングであります。
YOKOHAMA
眩いクローム。機能パーツは最小限のミニマルサイズで丁寧な造り。

ホットロッドカスタムに精通する同店の,美しいデュース クーペを彷彿とさせます。
ロッダーに受け継がれて来た、セオリーを反映したチョッパー。
ストレートな格好良さでした。

他にもトラやBSAなどの英車系チョッパーは美しいカスタム多数!
YOKOHAMA
YOKOHAMA
このガーターフォーク リンクが凄い!いい動きしそう。
プロアーム的なストローク確保が目的か?


可憐なチョッパーを創り出す Hammans ChopShopさん。
YOKOHAMA
大柄のツインカムベースも、同店の手に掛かれば ご覧の通り。
ナロードされたフロント,細身のリヤ廻りで、セクシーなボティライン。

グラデーションが美しい レースペイントが映えます。
こちらのパンのペイントも綺麗でした!
YOKOHAMA
60年代そのままの空気を伝える雰囲気に ,現代の高いレベルで仕上げられた
ショゥクオリティ!これこそショウバイクではないでしょうか。


もぅ一台、時空を超えるチョッパーがこれ!
バーチュオーゾさんのアイアンチョッパー!
YOKOHAMA
混沌とした時代の中で、吐出した才気のアートを復元するデザイン。
エッジの効いたタンクやフェンダーの造形。
YOKOHAMA
パイプをずらして造られたハンドル、マフラー。三連ライトなどなど、
アクの強いアイテムが織り成す独自の世界観。
凄いっ。これこそが チョッパーなんだと痛感させられました(>人<;)。
  


永い歴史の中で培われた、カスタムに於いて、
セオリーをハズせば、たちまちダサくなってしまいます。
しかし、画一された常識を破る創造力がカスタムを進化、発展させたのも事実。
LUCKさんのバイクは、そんなセオリーを継承しつつも、
新たなスタイルを生み出しています!
YOKOHAMA
YOKOHAMA
ショートホイルベースのコンパクトな車体に,個性的な外装とPOPなペイント!
シルバーやゴールドリーフに、キャンディやラメを組み合わせたペイント。
YOKOHAMA
YOKOHAMA
一目で LUCKのバイクとわかる3台を展示。
YOKOHAMA
YOKOHAMA
3台どれも個性的(^_-)-☆ 
  


こちらもPOPで楽しい,HOTCHOPさん。
YOKOHAMA
いろんなパーツ 一つ一つが創られていて、見ていて楽しくなっちゃう!
YOKOHAMA
ベルトガード一体!ナイスアイデァなステップ。
BODY同色のパーツが、またカワイイっす。
  

YOKOHAMA
イエローモーターサイクルさんも愉快 痛快!
常識をフッ飛ばすっ フリースタイルなナックル!
トンがったタンクには太陽のマーク!おなじみヤンヤンシートにもぅ、
無いに等しいフェンダー!黄緑色の短いロボハンと、
ツッコミどころ!満載っ!!
ヴィンテージモーターで、こんなに遊んじゃえるなんて,
突き抜けてますょイエローさん!!
  

YOKOHAMA  
突き抜けてる!と言ったらコレでしょう!
おそらく、アイラブスポーツスター誌には載らないであろう…
毒毒しいスポーツチョッパー!南米あたりのヘビみたいな色っ!
オレ,毒もってるぜぇ~ みたいな。
タンクには,エルホルモマキシコ。
マキシマムザホルモンってコト!?精力全開!?
このカラーリング 妙に好きデス。
  


YOKOHAMA
カラーリングならコチラ。
完全にキテマス。製作途中のようですが、仕上がりが末恐ろしいデス。
見たいような、見たくないような、この勢いだとマフラーなど
トンデモナイ事になりそう!
シートは このまま行くんでしょうかね?
謎のベールに包みきれなかった異端児!?
  


異端児といえば、こちらでございます。
YOKOHAMA
なにからなにまで異端児。ヒョウ柄シートに、背もたれ。
見たコト無いキックべダル。
ドラキュラが乗っていそうなパンヘッドですな。 
  


カスタムバイク編②につづきます。

2009年12月13日

カスタム②

カスタムバイク編その②でございます。

ココらで一息。
なんとコレ!プラモデルカスタムです!
YOKOHAMA
YOKOHAMA
モチロンこんなカスタムハーレーのプラモがあるハズも無く
ほとんど手作り!信じられない 手のこんだ作品。
タンクのトソウのハゲや、オイルにじみ まで再現してました!
YOKOHAMA
バラダイスロードのカスタムもリアルに再現!
YOKOHAMA
コレもスゴイ!実車を超えるカスタムの世界を表現!
これらは一体どんな方が作られたんでしょうか?
そんなの あったのか!?て貴方も、次回は見てみて下さい!
ロッドショウは奥が深いですねぇ、、。
   

続きまして、SAM'Sさん。好きです!
すいません、オモワズ 告ってしまいました
YOKOHAMA
幾何学的と云うのでしょうか、このライン。
ラメにグラデーション~タマランですょ。
YOKOHAMA
以前,グリーンで塗られたタンクのパープルバージョン。
好きモノにはタマラナイ 悪そな雰囲気 が漂いマス。
YOKOHAMA
もう一台は、ややロングフォーク。
ネックを寝かせず、前上がりになったフレームが、荒っぽくて不良な雰囲気。
下向いたマフラーの排気が 砂を巻きあげて 走り去る姿を見てみたいっ!
YOKOHAMA
細か~いバンダナ柄にサムズのロゴ。べニスビーチのノリ。
スキです。また告ってしまいました。


   

こちらも バンダナ柄 !丸みあるタンクに合わせて、
深いフェンダーでバランス良いですねぇ
YOKOHAMA
シンプルなライザーハンドルバー。
レアなライト、ワイグラはトレンドですね。
ライトグレーが綺麗なオシャレなショベルですね。
YOKOHAMA
 

老舗JapanDragさんのロングチョッパー!
急角度で立ち上がるフォークが凄まじい。
YOKOHAMA
YOKOHAMA
印象的な リボンのペイントは、420kustomの女性ペインター カスミンさん。
女性ならではの、繊細な美しさです。
ジャパドラ若手 番頭 NISHI君BLOG が面白いんです!

  


ロングフォークチョッパーばかりを展示していたブースで、ヒトキワ 気になった一台。
銀ラメフレームに、カラフルなタンクとフェンダーが際立ってます。
YOKOHAMA
このフォークの長さにして、フレームの立ち上がり具合がイイデスね!
エンジンがホイルベースの中心に位置してて、バイク全対が 堂々とデカく見えます!
この日、最長シッシーバーだったかも?!

  


YOKOHAMA
デッカいSTARが目立ってました!北海道のSTERモーターサイクル さん。
北の国から2009~みなとみらい。

なんとも、爽やかなペイントを まとったショベル!
銀色のカーペット上に展示され、まるで雪原を走ってきたかのようです!
夜空には北極星ですかね!なんてロマンチック♪
  

YOKOHAMA
こちらのディスプレイも凄かった!
工場萌え な方にはタマランであろう、メカメカしいショベル。
と背後からデストロイしようとする、マシーンが!

バイクのテイストを引き立てる展示で その世界感や コダワリ が際だちます!!
show upの仕方を見るのも、ショウの楽しみ方ですねぇ♪
  


YOKOHAMA
BULLさんの展示も、コダワッテます!
メキシカンローライダーのエッセンスを 取り入れて独自の世界を創っています!
ハンドル,フォークまで同色にカラード。

走行性を重視して、フレームやフォークなど、やみくもにOLDパーツで
飾らないところに好感。
RSDとのコラボレーションが実現した スポーツスターも話題になってましたね!
YOKOHAMA
  

  
STOOPさん、後ろのイラストが気になって仕方ありません。
YOKOHAMA
ちょんまげ、刺青、激チャリ!力の抜け具合が なんとも言えません。
一方、バイクはキッチリ!ハネアゲの2in1マフラーが、良いです!
YOKOHAMA
純正カラー風のタンクは、デカール エンブレムが年式バラバラ♪
さらに、サイドはラメラメ。確信犯的な組合せ,マニアック!
本気で,力まず、ハーレーを楽しんでいるのが伝わりますネ。

YOKOHAMA
HI WORKSさんのツインカム,もぅイケイケです☆
夏の米米二ノックスでも、豪快なBURNOUTで 会場を沸かせてくれた、グッチ君!
カウルも付いて、コッチ路線まっしぐら♪
ペイントもザックリ変わって,さらに戦闘的に進化してました。
ちなみにペイントは,おなじみTETSUさん!多才な作風に驚きデス!
  
一方こちらは、フルオリジナルのハイドラグライド フルドレス☆
YOKOHAMA
貴重なオプションパーツ満載!アメリカ黄金時代の豪華なモデル。
これぞ,HARLEYーDAVIDSON ヘリテイジソフテイルの元祖がコレですね。
チョッパーがイッパイの会場内で,逆に注目を浴びる存在でした。
  

湘南のBLUE GROOVEさんのリジットアイアン!
アメカジ屋さんらしい、純正レインボータンクのチョイス!
意表を突く,まっ赤なフェンダーが目を引きます。
YOKOHAMA
フロントキャストに,リアスポークのチグハグ感も,
またガレージビルドっぽくて 良い感じ。
気取らない,アメリカンカジュアルをバイクで表現したような
ブルグルらしいカスタムですねぇ♪

YOKOHAMA
昭和輪業さんのブースは、なんとピストバイクが全面に!
シンプルなショベルやパンカスタムのイメージがあったのですが、
コレが究極のカスタムバイク!と云うトコロでしょうか!?
たしかに、究極にシンプルで、ハードな二輪車です。
よく見れば、ホイールには、NFKの文字が。間違いなさそうです。


HARNESS CYCLE PROJECTさんは、新潟の大先輩shop。
YOKOHAMA
旧車に強い同店のフラットヘッド Kモデル。
XLスポーツスターの元祖になったサイドバルブスポーツ。
ファクトリーレーサーKRのハードテールだそぅ。
フォークカバーが似合ってます!


100116a01.jpg

mc DENさんの新作パンヘッドです。
なんて美しい佇まいでしょうか、、。
オールドスクールを現代的にアレンジして、すっきりと魅せるセンス☆
デンの伝統を受け継ぎ、さらに新しい感性を採り入れています。


100116a02.jpg

各パーツチョイス,配置やサイズのバランス。
漆黒のペイントにレタリングと、クラシカルな雰囲気にまとまってます。


100116a03.jpg

エンジンの質感がまた良いですね。いつも素晴らしいカスタムで魅了してくれます!!DENの新時代を担う マツナガさんに脱帽デス。


100116a04.jpg

こちらも、シンプルな黒いショベル。派手なコトはせず、直球勝負。
なかなかできません。カッコイイですね。


100116a05.jpg

こちらの、ナックルも正にそんな一台。
円みのあるパーツチョイスがナックルの造形美を引き立てます。
こんなバイクをガレージで眺めていたら、朝になっちゃいそう。

100116a06.jpg

カスタム の最後は、これぞHOTRODといぅ三台。
どこか荒々しい四輪ホットロッドなテイストを感じさせる、ワイルドなブース。
三台が集まってこそ の、この雰囲気。走る姿が見てみたいです!!

カスタム編はここまで♪ いかがでしたでしょうか!?
今年もカッコイイ カスタムバイクがイッパイでした♪
全部をゆっくり見たいけど数が ハンパない ですからねぇ!
ここで紹介させてもらったのは全体の30%位なんです!!


個人的に好きなモノに目がいってしまうので,コメントは
偏ってる部分もあると思います。 ゴメンなさい。

そもそも私ごときがバイクについて紹介するなど失礼な事で、
申し訳ないのですが、ここでは、残念ながらショウに来られなかった方や,
まだまだカスタムの世界を知らなかった。という方にも~
カスタムバイクの世界観や楽しさ,会場の熱気や雰囲気なんかを
感じてもらえたら、嬉しく思います。m(_ _)m

2009年12月14日

出店ブースめぐり

ロッドショウの楽しみは、バイクとクルマばかりじゃありません。
服やアクセサリーなどの出店ブースもイッパイ!

西海岸のLOSER MACINEは気になってたブランド,
力の抜けたノリがイイんですょ。
デッカいステッカー貰いました!ラッキー♪


サイコホィールさん。
マックスシャーフがペイントして、話題になったトラを店頭に置いてました。
誌面で見るより鮮やかで、繊細。本物のオーラを放ってましたね~。


なにやらファー付きの、古めかしいキーホルダー発見。
ラッキーチェーンって書いてある~

で、よく見たらラビットの足!モロ足爪付!
かわいいような、怖いような…。


知る人ぞ知る!GENTーX。
このドクロの顔がいい感じ。
私コヤマン、コレ系のキーホルダーを集めるのが
ロッドショウ最大の愉しみだったりします!!


気になってた、サイクルゾンビ~!!
西海岸のサーファー集団にして、チョッパー乗りな奴らのブランドらしぃ。

チャラぃサーフ系とは一線を画すハードコアな雰囲気に惹かれます。
フランケンがデザインされたTシャツいぃなぁ~


シルバーで有名なガルシアさん。
メキシカンな雑貨がいっぱいです!

マリアものは、よく目にしますが、がい骨祭のメキシカングッズがREALです。
コミカルな表情のスカル達がいい感じ。


IKWORKSカワダ氏のチョッパーも展示。ペイントが変更されて更に深化。


これが神戸の職人魂か!鉄削り出しのホイール!
素晴らしい。マニアを唸らせる完成度、
ツボをグィグィ刺激するラインナップです


ブログ等で話題の、大神戸共栄圏
IK WORKSのグリップが大人気。


こちらもまた、ハイセンスかつハイクオリティーな
キックペダル各種。


ロゥブロウなアートがあつまるロッドショウ。
その中でも、異彩を放つ
MASAスカルプチャーの作品。

四つ目のおじさん。シュール。

四つ目おじさんの隣には新作の、
がい骨を眺める猿。これまたシュール。
カワイイ女の子が二つ購入しとりました。



こっちはゲロゲロ。こちらも好き者にはたまらないアート作品。
ラットフィンクの、そのまた先に待っている、たまらないアートな世界。


最近そっちの世界にハマって抜け出せないアユム君!
ピープショウギャラリーにて。


スカルプチャーと言えば大好きなのが、ナックルさんの作品なんですが
今回はこの看板に目を奪われてました。あぁ、楽しい♪


こっちの世界にハマると、
こんなモンがたまらなく欲しくなります!
¥14800 高いか安いかは、マニア度次第です。


こんな看板もアリ。
ホラーでダークなおかつポップ♪


店員さんも、ホラー!


んで、ココのオリジナルキーホルダーがイイ感じだったのでお土産に♪



H-D社 公認アーティスト ジェフデッカー様の、ブロンズART。

レースシーンの、一瞬を切り取ったような躍動感!
量感ある、素晴らしい作品でした。



茄子のディスプレイで人目を引いていたコチラは、
言われてみれば茄子なカラーリング!

そんなこんなで、出店サイトを見るウチにもうすぐ五時!

ヤバイ、まだ車ぜんぜん見てない!


アメリカンマッスル豊作の69年。
40年を記念して69ゾーンが企画されてましたね。
やはり、王道カマロがカッコ良かった。



閉館間近。イージーライダースのブースではヘルメットの叩き売り!
ジェッペルがなんと三千円!
定価で買ってた女の子が、泣き出す場面も,


場内アナウンスが流れて、HCS終了!

あぁ 今年も、見切れなかった!!

ゲストのクルマや各ショップも後片づけの時間です。



注目のギャッサー,ORANGE KRATEの後ろ姿。
SAYANORA!の文字が!サヨナラってコト?


ビリーギボンズの愛車も、積車でドナドナ。
間近で見れてラッキー!
やはり抜群の美しさでした。


パラダイスロードのギャラクシアンも会場を後にします。


走る姿を一目見よぅと集まるギャラリー。
すんません、すんません、と言いながらのシモダイラさん。

ビッグネームながら、腰の低い 御人柄♪
なんとも素敵な方でした。


シェイキンさんも撤収。
ハイドラ完成したんですねぇ~

全国屈指のペインター,シェイキンさんの愛車。
以外にも地味系で来ましたか!

聞けば、サフェーサーに調色したのだそぅ。
なんともいえないイイ色ですねぇ!さすがです。
またお会いしましょう!


バサラのヒロシさん、お久し振りです!やっと会えましたね♪

ヒロシさんのパン。
会場の片すみで、車屋さんと展示されてたそぅです!

後日、このパンが気になった!というお客さん多数。

やはり、独自のオーラを放っていたようですね。
リンカート、15インチ。旧車でトバスBASARA。

以前、東京から名古屋ジョインツへ向けて走った時は
楽しかったなぁ~ ビューエル追い越された時はシビレましたょ。

また ご一緒しましょう!!



いつの間にか 会場内もスッキリしました。

なんだか寂しい 祭の後です。


VICTOR さんも撤収。
いつ見ても、美しい一台。フレイムスが追加されてましたね、
それにしても、今回はクルマを見れなかった…
それでも閉館後に走る姿を見れるのは出展者の特権ですな♪


後片づけのハードコアチョッパー誌 コウちゃん!

やせたねぇ!って言ったら、コヤマン肥えたなぁ!って。
太ったとは 言われるけど~肥えた~は軽くショックだったりします。

めげずに、HCC愛読するから!たまに取材に来てね~!



カラーズ代表イセさん。今日は親子で取材!?

女の子ばっかり撮らずに、ウチの写真もバシバシ撮ってくだされ!!
てのは冗談ですけどね、

この日は、閉館間近までビシビシ撮りまくってましたね。
お疲れ様です!!
また新潟に寄った際には、古町で一杯やりましょ!


と言うわけで、2009年の
ホットロッドカスタムショウ、華々しく幕を閉じました~☆

YOKOHAMAの夜景を見ながら、初の出展に感無量のシャチョー!!
半袖一枚で、後ろ姿は何を想うやら…

きっと熱い想いがこみ上げて、来年も来るぜ!!と
夜景に誓っているのでしょう…。背中が語りかけます。

ですが、こんな時は、たいがい夕飯のメニューを考えてたりしますf^_^;)
残念ながら中華街は行けず、夕飯は帰りのSAでソバでしたぁ。


帰りの関越道は群馬を抜け新潟に入ると、
雪がチラついておりました、、。

フォード君は寒さのため調子が出ず。
途中のSAでダンボールをもらって冷え冷えのインマニにシールドを!

コレが快調で無事に新潟まで自走で帰宅しましたとさ♪


窓もご覧の状態でした。
12月の関越道に窓無しは厳しいようですな。
寒い時きゃぁカッコじゃ無ぇ、ですから。

もっとも、バイクに比べたらフロントガラスも有るしねぇ。
元がバイク乗りでよかったね。


以上。だいぶ引っぱったHCS報告もここまで!

出展バイク協力はタカハシさん 有り難うございました!
積車を貸してくれたNSのツメちゃん!助かりました!!
おかげで無事行ってこれました!
当日お世話になった皆様,ありがとうございました!
----


帰宅後、今年の戦利品を並べて。
パーツとか全然見られなかったのが悔まれますが、
全部見切れないのが、また来年も!という気にさせるのもしれませんな。

ホントにお祭ですょね♪今回行けなかった方も、次回はぜひ!!
それでは また来年っ!!!♪

2009年12月16日

初雪!!

IMG_4175507.jpg


昨日、今日と新潟市も雪がふりましたぁ!
いよいよ冬本番。
横浜は暖かかったのになぁ~f^_^;)
AIRツールの空気が冷たくて、手がカジカミます。

そんな中で、製作中のナイトウ号~タンク位置 模索中デス。

IMG_0754073.jpg

カミムラ号。VLフォークを使いま~す。

IMG_375778.jpg

ナミ号フェンダー ハネアゲ中なり。
刺激的だった、ロッドショウ帰りで、ヤル気充分!
来たるシーズンに向けて
カスタムカスタム( ^ ^ )/□

IMG_842755.jpg

こちらは入荷&即売り切れ御礼。
COSMIC 製作のFXR!
ダイスケフレイムスがカッコイイ。

IMG_314572.jpg


それから、その後のエクレアちゃん達で~す。

IMG_145758.jpg

スクスク育ってマスょ,会いに来てね!

IMG_753447.jpg

夜になって雪がモサモサ降ってきましたぁ!

雪の中でもホットロッド!
V8 FR‥行けるのか?ワイパー無しに雪は辛い!

IMG_45773.jpg

マイビートルは,ワイパーあるもんね! それ普通か!?
すっかり雪ダルマですぅ!
暖冬なんつって,寒いじゃんねぇ~。

ちなみに、翌朝。ビートル通勤不可能~。
IMG_52354749.jpg

雪降って遊ぶドンキーコング。

IMG_366473.jpg

明日は徒歩通勤かなぁ,

雪道の事故には気をつけましょ。皆さん風邪など ひかぬよう!

以上、初雪のトゥデイズ コアクルーでしたぁ。

2009年12月25日

ハヤブサンタ!?

毎年恒例。クリスマスの,
サンタRUN☆
しかし今年は大雪で中止。
にもかかわらず、やって来ましたサンタクロース約1名。f^_^;)


 
 
 
え?中止ですか?
子供達が待ってるのに!
そう言われたら、行かない訳にはいかねぇなぁ~
とちょっぴり街に繰り出してきました。f^_^;)
 

 
 
 
イルミネーション輝く 駅南のケヤキ道りへ!
手を振る女の子と、サラリーマンの冷たい視線を独り占めの,ハヤブサンタ☆


 
 
 
例え独りでも,サンタで走るユウちゃん、ちょっと素敵です。

夜も更けて,ヒトケの無い万代橋を飛ばすハヤブサ。
この後、寒さにもめげず♪もぅ一周して来ます!と街に消えるサンタさん‥。

きっと子供達が待っているょ!行け!ハヤブサンタ!風邪ひくなょ~(^◇^;)

ちなみに東京の渋谷 辺りでは、ハーレーサンタの一大パレードやってるらしいですね。
向こうは温かいけど、新潟は零度近いデスからね、、。

以上,聖なる夜のサンタランでした。
☆メリークリスマス☆

2009年12月28日

【SOLD OUT】☆ASH DAIVE新作入荷☆

おなじみ、新潟発のバイカーファッションブランド,
アッシュダイブ から新作入荷 致しました!!


 
 
 
まずは、コチラ♪
ヘビーウェイトな生地を使用した,ネルシャツです。
まさにバイカーにオススメの一着♪


 
 
 
アメカジ好きにはたまらない 肩にかけて、二枚仕立のHeavyな造りデス。


 
 
 
モデル DAI氏。イケテますね,年末年始の飲み会はコレ一枚でキマります。
ちなみに、ミスターマリックでわ ありません。


 
 
フロントにあしらわれた、オリジナルPATCHも販売してますョ!


 
 
BESTやCAP にワンポイントで縫い付けてはイカガでしょう♪
無地のアウターなんかにもイイですね。
コレだけで
ASHDAIVEクルーを気取れます♪

新作ネルシャツ、人気デス。早い者勝ちダョ~!!


着せ替えタンク♪

バイクの顔。と言っても過言ではないガソリンタンク。
レァなヴィンテージ物から~新品まで,
いろいろ入荷しましたョ!
今冬のカスタム用にいかがでしょう!?


 
 
 
なかなか進まないコヤマンショベルですが、モデルになって もらいましょぅ。
まずは、私物のナローマスタングです。
さらに少しだけ,ナロゥにしようかと検討中、、。


 
 
 
続きまして、人気のレプリカエッグタンク。チョッパータンクとも言いますね,
丸みある型が個性的。キャップを二個使うか、片側埋めるか、マウントする高さ、
位置しだいで雰囲気変わります。


 
 
 
ピーナッツタンクです。もともと英車系で、ヴィンテージになると
微妙~に型が違ってて、マニア心をくすぐりマス。
こちらは錆びの心配要らずな現行新品。
当時の日本製モノのコピーらしく、小振りな型です。


 
 
 
1番人気は,やはりスポーツスタータンクでしょう。
コレだけでチョッパーに早変り。


 
 
 
スポーツスタータンクをベースに,斬って貼って曲げて叩いて
ワンオフ製作中のタンクがコチラ。
既製品に手を加えて、あなただけのカスタムタンクを創りますョ☆


 
 
 
コチラは一見、ボロボロのタンクですが~
今やレア物ヴィンテージ。
いにしえの小排気量ハーレー,ハマーのタンクです。
現行品より,スッとした型でマニアにはタマリマセン。
お探しの方,お問い合わせ下され。


 
 
 
コチラもレアな、50ccハーレーのタンクです。
超ミニサイズでカワイイですね。エンジンがデカく見えます。
コンパクトなチョッパーにどぅぞ!


 
 
 
最近じゃ珍しくなってきました。
英国ワッセル社の、通称バナナタンク。
ヘボい型が 逆に気になる存在です。
コレを料理するには、かなりセンスが要ります。
挑戦者求む!


 
 
 
意表を付いてFXRタンクを乗っけてみました。
あれ?カッコイイかも?
結局、このスタイルがハーレーらしいって事でしょぅか,
悩める仔羊デス。


 
 
 
ヤケになって、ホンダゴリラのタンクを…。
もぅワケわかりませんね。

 
 
 
なんだか、コイツが愛苦しく見えてきました。

ヘコミもあるけど、当時モノのかすれたペイントと、
ペラペラなデカールのエンブレムが雰囲気♪
塗りなおすか、このままの味を楽しむか…。
でもガソリンあまり入らないし,多分、使わないかなぁ(^◇^;)
誰か、お嫁に貰って下さい!!

年末年始のお知らせ。

IMG_2354783.jpg

年末年始の営業日のお知らせです。
本年中は、たいへん御世話になり 有難う御座いました。スタッフ一同,感謝でいっぱいです。m(_ _)m

12/29(火)の大掃除~年明け1/4(月)まで,お休みさせていただきます。

来年度も皆様の御来店を、心より,
お待ちしております(^o^)

連休中も気まぐれに、マイバイクやってるかもなので、
オセチに飽きたら遊びに来てね。

それでわ、皆様,良いお年を!!♪( ´▽`)

トップページ ショップインフォ アクセスマップ リンク モバイルサイト