« カスタム① | メイン | 出店ブースめぐり »

カスタム②

EDIT

カスタムバイク編その②でございます。

ココらで一息。
なんとコレ!プラモデルカスタムです!
YOKOHAMA
YOKOHAMA
モチロンこんなカスタムハーレーのプラモがあるハズも無く
ほとんど手作り!信じられない 手のこんだ作品。
タンクのトソウのハゲや、オイルにじみ まで再現してました!
YOKOHAMA
バラダイスロードのカスタムもリアルに再現!
YOKOHAMA
コレもスゴイ!実車を超えるカスタムの世界を表現!
これらは一体どんな方が作られたんでしょうか?
そんなの あったのか!?て貴方も、次回は見てみて下さい!
ロッドショウは奥が深いですねぇ、、。
   

続きまして、SAM'Sさん。好きです!
すいません、オモワズ 告ってしまいました
YOKOHAMA
幾何学的と云うのでしょうか、このライン。
ラメにグラデーション~タマランですょ。
YOKOHAMA
以前,グリーンで塗られたタンクのパープルバージョン。
好きモノにはタマラナイ 悪そな雰囲気 が漂いマス。
YOKOHAMA
もう一台は、ややロングフォーク。
ネックを寝かせず、前上がりになったフレームが、荒っぽくて不良な雰囲気。
下向いたマフラーの排気が 砂を巻きあげて 走り去る姿を見てみたいっ!
YOKOHAMA
細か~いバンダナ柄にサムズのロゴ。べニスビーチのノリ。
スキです。また告ってしまいました。


   

こちらも バンダナ柄 !丸みあるタンクに合わせて、
深いフェンダーでバランス良いですねぇ
YOKOHAMA
シンプルなライザーハンドルバー。
レアなライト、ワイグラはトレンドですね。
ライトグレーが綺麗なオシャレなショベルですね。
YOKOHAMA
 

老舗JapanDragさんのロングチョッパー!
急角度で立ち上がるフォークが凄まじい。
YOKOHAMA
YOKOHAMA
印象的な リボンのペイントは、420kustomの女性ペインター カスミンさん。
女性ならではの、繊細な美しさです。
ジャパドラ若手 番頭 NISHI君BLOG が面白いんです!

  


ロングフォークチョッパーばかりを展示していたブースで、ヒトキワ 気になった一台。
銀ラメフレームに、カラフルなタンクとフェンダーが際立ってます。
YOKOHAMA
このフォークの長さにして、フレームの立ち上がり具合がイイデスね!
エンジンがホイルベースの中心に位置してて、バイク全対が 堂々とデカく見えます!
この日、最長シッシーバーだったかも?!

  


YOKOHAMA
デッカいSTARが目立ってました!北海道のSTERモーターサイクル さん。
北の国から2009~みなとみらい。

なんとも、爽やかなペイントを まとったショベル!
銀色のカーペット上に展示され、まるで雪原を走ってきたかのようです!
夜空には北極星ですかね!なんてロマンチック♪
  

YOKOHAMA
こちらのディスプレイも凄かった!
工場萌え な方にはタマランであろう、メカメカしいショベル。
と背後からデストロイしようとする、マシーンが!

バイクのテイストを引き立てる展示で その世界感や コダワリ が際だちます!!
show upの仕方を見るのも、ショウの楽しみ方ですねぇ♪
  


YOKOHAMA
BULLさんの展示も、コダワッテます!
メキシカンローライダーのエッセンスを 取り入れて独自の世界を創っています!
ハンドル,フォークまで同色にカラード。

走行性を重視して、フレームやフォークなど、やみくもにOLDパーツで
飾らないところに好感。
RSDとのコラボレーションが実現した スポーツスターも話題になってましたね!
YOKOHAMA
  

  
STOOPさん、後ろのイラストが気になって仕方ありません。
YOKOHAMA
ちょんまげ、刺青、激チャリ!力の抜け具合が なんとも言えません。
一方、バイクはキッチリ!ハネアゲの2in1マフラーが、良いです!
YOKOHAMA
純正カラー風のタンクは、デカール エンブレムが年式バラバラ♪
さらに、サイドはラメラメ。確信犯的な組合せ,マニアック!
本気で,力まず、ハーレーを楽しんでいるのが伝わりますネ。

YOKOHAMA
HI WORKSさんのツインカム,もぅイケイケです☆
夏の米米二ノックスでも、豪快なBURNOUTで 会場を沸かせてくれた、グッチ君!
カウルも付いて、コッチ路線まっしぐら♪
ペイントもザックリ変わって,さらに戦闘的に進化してました。
ちなみにペイントは,おなじみTETSUさん!多才な作風に驚きデス!
  
一方こちらは、フルオリジナルのハイドラグライド フルドレス☆
YOKOHAMA
貴重なオプションパーツ満載!アメリカ黄金時代の豪華なモデル。
これぞ,HARLEYーDAVIDSON ヘリテイジソフテイルの元祖がコレですね。
チョッパーがイッパイの会場内で,逆に注目を浴びる存在でした。
  

湘南のBLUE GROOVEさんのリジットアイアン!
アメカジ屋さんらしい、純正レインボータンクのチョイス!
意表を突く,まっ赤なフェンダーが目を引きます。
YOKOHAMA
フロントキャストに,リアスポークのチグハグ感も,
またガレージビルドっぽくて 良い感じ。
気取らない,アメリカンカジュアルをバイクで表現したような
ブルグルらしいカスタムですねぇ♪

YOKOHAMA
昭和輪業さんのブースは、なんとピストバイクが全面に!
シンプルなショベルやパンカスタムのイメージがあったのですが、
コレが究極のカスタムバイク!と云うトコロでしょうか!?
たしかに、究極にシンプルで、ハードな二輪車です。
よく見れば、ホイールには、NFKの文字が。間違いなさそうです。


HARNESS CYCLE PROJECTさんは、新潟の大先輩shop。
YOKOHAMA
旧車に強い同店のフラットヘッド Kモデル。
XLスポーツスターの元祖になったサイドバルブスポーツ。
ファクトリーレーサーKRのハードテールだそぅ。
フォークカバーが似合ってます!


100116a01.jpg

mc DENさんの新作パンヘッドです。
なんて美しい佇まいでしょうか、、。
オールドスクールを現代的にアレンジして、すっきりと魅せるセンス☆
デンの伝統を受け継ぎ、さらに新しい感性を採り入れています。


100116a02.jpg

各パーツチョイス,配置やサイズのバランス。
漆黒のペイントにレタリングと、クラシカルな雰囲気にまとまってます。


100116a03.jpg

エンジンの質感がまた良いですね。いつも素晴らしいカスタムで魅了してくれます!!DENの新時代を担う マツナガさんに脱帽デス。


100116a04.jpg

こちらも、シンプルな黒いショベル。派手なコトはせず、直球勝負。
なかなかできません。カッコイイですね。


100116a05.jpg

こちらの、ナックルも正にそんな一台。
円みのあるパーツチョイスがナックルの造形美を引き立てます。
こんなバイクをガレージで眺めていたら、朝になっちゃいそう。

100116a06.jpg

カスタム の最後は、これぞHOTRODといぅ三台。
どこか荒々しい四輪ホットロッドなテイストを感じさせる、ワイルドなブース。
三台が集まってこそ の、この雰囲気。走る姿が見てみたいです!!

カスタム編はここまで♪ いかがでしたでしょうか!?
今年もカッコイイ カスタムバイクがイッパイでした♪
全部をゆっくり見たいけど数が ハンパない ですからねぇ!
ここで紹介させてもらったのは全体の30%位なんです!!


個人的に好きなモノに目がいってしまうので,コメントは
偏ってる部分もあると思います。 ゴメンなさい。

そもそも私ごときがバイクについて紹介するなど失礼な事で、
申し訳ないのですが、ここでは、残念ながらショウに来られなかった方や,
まだまだカスタムの世界を知らなかった。という方にも~
カスタムバイクの世界観や楽しさ,会場の熱気や雰囲気なんかを
感じてもらえたら、嬉しく思います。m(_ _)m





トップページ ショップインフォ アクセスマップ リンク モバイルサイト