« 【SOLD OUT】1962 XLCH | メイン | ソフテイル ペイント »

R.I.P デニス・ホッパー

EDIT

「イージー・ライダー」のビリーを演じた名優、
<デニス・ホッパー>が亡くなったそうです。
10-06-01-1027.jpg
中指立ててる、ビリーのポスター。
10代当時の私にとって~神様~以外の何物でもありませんでした!!
img_tCVCTP.jpg
時計を投げ捨て、自由の旅に出る、2人。 チョッパーに跨る姿がカッコ良くて!!
バイクで走る<オープニングシーン>何度ビデオを巻戻して見たことか、、(^_^;)。

ジェームズ・ディーン主演の「理由なき反抗」が若きデニスホッパーのデビュー作。
公私ともに付き合いの深かったディーン亡き後、彼の目指していた,
~台本に無いリアルな演技~を追求するあまり、監督陣と衝突。
ハリウッドから追放されてしまいます。

打ちひしがれ、ドラッグ漬けになった~反逆児~が、その仕打ちに出した答えこそが、
あの 「イージー・ライダー」 だった!!というワケです!!
アメリカの現実を鋭く批判し、反体制を象徴的に描いたロードムービーは、
「アメリカン・ニュー・シネマ」の代表作として評価され、
監督 脚本 主演をこなした
<デニス・ホッパー>は映画界に返り咲いたってワケ!!
なんと反骨精神あふれるエピソードなんでしょうか~。

その後も、スピードやウォーターワールドでは存在感ある、名演技を見せてくれました。
一方、スーパーマリオ実写版で、クッパ役になってた時は、、
~あのビリーがぁぁ~と、少々ガッカリしましたけどネ(;一_一)
そのかいあってか、日本でも有名になって,
入浴剤のCMにも出てたっけ!d397d3923f4738b6.jpg
個人的には、カラーズ ランブルフィッシュ ビートニク バスキヤ 
などの出演作が好きっス♪

 
 
 
ともあれ~、私にとっての デニスホッパーはやっぱり~
(EASY RIDER)のビリーです!!
easyrider.jpg

公開1969年、まだ生まれても居ない自分が、アメリカのヒッピー文化や
反戦、ドラッグ、などに苦悩していたアメリカ社会~を理解できるハズもなく、、。
最後は、ショットガンで撃たれて終わる、という衝撃のエンディング。
ただ、、自由ってなんだろうな と、考えさせられました。

  衝撃のラスト・シーンは、かえって「説明できない静かな怒り」を
  僕の心に植え付けたような気がします。そして、
  その「静かな怒り」は未だに僕の心の中に潜んでいるようです。
  
と,ある映画ジャーナリストが、著書に記しているように、、。
貴方の心の中にも、居ませんか?自由と反逆心の象徴、ビリーの姿が!?
 
 
 
ピーター・フォンダがボブ・ディランに歌詞を依頼した曲。
「イージー・ライダーのバラード」を、ささげます。

 
 
名俳優。
奔放な私生活。
生涯不良を貫いたデニスホッパー。
安らかに、、。
ba57bc90b1516710.jpg

hope you will be even more wild in heaven.
Rest in peace D.hopper!!





トップページ ショップインフォ アクセスマップ リンク モバイルサイト