« 「泥出し」 のボランティア | メイン | 6.26 STU連合「泥かき」 »

6.25 STU連合 「前半戦」

EDIT

6/25~26の土日で行われた、東北支援活動レポートです。

11-06-27012.jpg

今回は、[SUPPORT THE UNDERGROUND] の各部隊が一堂に会して、
支援物資のお届けと,「泥出し」の実作業を行なって来ました。

まずは、初日の模様から。 S×T×U<新潟コアクルー班>は9名が参加。
翌日は「炊き出し班」として一家のシナダさん達も来てくれる予定です!!

11-06-27001.jpg

早朝から集合してくれた「仲間達」 夜勤明けのメンバーも, ありがてぇっす!!
 
 
 
ほぼ毎週末,もぅ、十数回目の東北行き。のシモンシャチョー,の横顔。

11-06-27002.jpg

今日は、ちょっと厳しい表情!? ~ボランティアを強要する訳にはいかない~
、との想いから、普段みんなに 声をかける 事はせず, 時には、ただ一人で
東北に行く事もありました。 ですが今回は、皆から名乗りを上げてくれました。 

それが、とても嬉しくて 助手席で、「ちょっと泣きそう」 な私コヤマンでした。
運転席で厳しい表情のシモンシャチョーも 、同じ想いだった と思います。
 
 
 
 
想えば、震災の日 以来、支援物資を募ってからは、もぅ毎日,毎晩,
問い合わせの電話と、物資の受付と仕分け でヘトヘトになる日々・・。

かと言って、本来、バイク仕事も忙しいシーズン。本業のバイク仕事を
おろそかにしては本末転倒。 バイク作業は毎晩深夜にまで及びました。

 
 
深夜2時,修理を終えたバイク の試乗をしてる時に、他の箇所の不具合
が出た時なんて、もぅ~心が折れそう~ になったりも しましたよ・・。

 
毎土日に東北に行っているシャチョーの留守中,店で~お留守番~の私。
その分、仕事の負担は倍増, 3~5月は正直、、かなりキツかった!!

帰宅後に、このBlogを書きながら 眠ってしまい朝になる。 忙しい、日々。
「店を守る事」 が自分に出来る「後方支援」なんだ と思って来ました。
 
 
 
それでも、そんな状態が3カ月も続くと、バイク屋だか、支援団体だか、
やれ、~売名行為だの 仕事そっちのけ~ だの噂までされて・・。
もぅ~,一体、何をやっているんだろうかオレは~,と思う事もしばしば。
 
 
 
どこかで、~煮え切らない想い~を抱えておりましたが、今回は自分も、
「実行部隊」として参加出来る事になり、「東北行きの道中」 気付いたんです。

11-06-27003.jpg

 
この活動を理解してくれて、一緒に来てくれる仲間がいるんだって事,

この活動は、多くの皆さんからの<御理解と御支援>で行われているて事,

今日まで、足並みを止めず < この活動を続けて来れた> のは、皆のお陰。


 
なんだか、ここ最近、自分だけが大変だ。 と思い込んじゃってました・・。

それに、今日 ここに来たくても 来れなかったひと だっているはず、

そんな人達の為にも、頑張らなきゃ!! ようやく 吹っ切れ ました♪

 
SUPPORT THE UNDERGROUND に賛同してくれている 皆さま, 
何百人、いや,何千人もの<想い>を載せて 「東北道」 をひた走ります!!

11-06-27005.jpg

運転してるのは,シャチョーだけどネ♪ きっと、以前から 同じ想い だったハズ。

 
なぁ~んて 想いながらも、 ふと, 後部座席を振り向けば・・・,
11-06-27010.jpg
<バカ話>してる仲間達!! まったく もぅ・・。 最高の友達を持ったワ!!
 
 
 
 
さて、数時間で 仙台の介護施設 「ハートフル仙台」へ,STU本部隊と合流。
11-06-27014.jpg
我らがリーダー,成田さんをはじめ、そうそうたる顔ぶれが大集合っ!!

「JUNK ARTS」 のヒデちゃん と 「SOMES」 ソメちゃん お久しぶりです!!
11-06-27019.jpg11-06-27018.jpg

さぁ!!活動開始です。 皆ちょっと緊張ぎみ。  そぅ と知ってか, 
11-06-27023.jpg
成田さん、そのスリッパは子供用ですョ~, 皆を和ませてくれるリーダーです♪
 
 
さぁ、さっそく,支援物資の一つ 「介護用ベッド」 を皆で組み立てます。
11-06-27335.jpg
ガシガシ働きます。 みるみる内に、ベッド5台が完成しました!!
11-06-27337.jpg
こちらには、以前にもベッドとマットレスを寄付させて頂いております。

 
続きまして、恒例となりました。 物資「バケツリレー」がスタート。
11-06-27339.jpg
紙オムツや、生野菜などを、みんなでガシガシ運び入れます。

こちらの支援物資は、HAWAIIの海洋深層水「MaHaLo」ウォーターです。
ミネラルたっぷりで元気になって、美容効果もある~神秘の水~なんだとか!!
11-06-27026.jpg
でもコレ、ひと箱23キロあるんです。 節電の為に やや暑い館内 を、
2箱ずつ抱えて、二階まで運んだら,もぅ~汗だくだく~です。

明友館の千葉さん も駆けつけて,施設の方々と記念撮影です。
11-06-27024.jpg
高額なベッドの購入を分担してくれた「兄貴達」なのです。

コチラも記念撮影です!? もぅ、、いいとこ持ってくんだから♪
11-06-27025.jpg

本来、とっても高額な 介護用ベッド マットレス などを 提供出来たのは、
医療器具などの販売をやってるOTKさんが、会社に掛け合ってくれたお陰です。
11-06-27028.jpg
ありがとうございます!!なのに~目ぇつぶって撮影失敗~でスミマセン。

ここで、みんなで、集合写真。 でも旅行に来た記念とは,ちょっと違うぜ。 
11-06-27011.jpg
自分もSTUのメンバーなんだ!! ッて自覚が湧いて,士気がアガる!!
 

 
次なるポイントに移動して、支援物資の積み込みです。
11-06-27347.jpg
こちらは団体こそ違えど、同じく東北支援をされている同士、
「BOND AND JUSTICE」 さん達の本拠地。 支援物資を分けて頂きました。


ここでも、全員で「物資リレー」です。  皆の~手から手~へ 
11-06-27341.jpg

おっと!!神戸からの参加 「ACEmotorcycle」 徳山さん!サスガっす!!
11-06-27343.jpg

[HARDCORE CHOPPER]誌から、[CHOPPER JOURNAL]誌へ移行,
11-06-27344.jpg
編集長マコナベさんも、超多忙の中を参加しております!サスガっす!

11-06-27345.jpg
最前列では、BACKDROP アイダさんがガンガン運んでます!サスガっす! 

11-06-27036.jpg
シェビーバンの荷室イッパイの「支援物資」を預かりました!!

あ、そうそう。 走行30万キロを超えた、当店ハイエースにとって代わる!?
コアクルーの新しい 仕事車 がこの SHEVY VAN でございます。
ブサイクな,商用車顔が、なんともアメリカでダサカッコイイ。
11-06-27038.jpg
元米軍仕様で、荷室がカスタムされてるので、積載量もミルスペック!!
V8ディーゼルで低燃費♪8ナンバーで しかも、軽の中古並の値段でゲッツ!!
物資運搬や、カスタムショウの足など、ガシガシと 働く車 になるでしょう!! 
 

 
この後、石巻へ移動。 私コヤマン約三カ月ぶりの石巻です。

震災当初、あの~不気味に倒れ掛かる信号機~のあった交差点が、
%E6%9D%B1%E5%8C%97%E5%9C%B0%E9%9C%87%E3%80%80canon%20178.JPG

こんなにキレイになっていました!!
11-06-27349.jpg

あんなに 泥だらけだった 道路も、、
%E6%9D%B1%E5%8C%97%E5%9C%B0%E9%9C%87%E3%80%80canon%20191.JPG

とってもキレイになってて感動しました!!
11-06-27350.jpg
少しづつですが、街は 確実に復興へ向かっていました!!

 
 
そして、石巻の避難所 <明友館> に到着。玄関前が見違えるほどにキレイ♪
11-06-27060.jpg
こちらは,震災当初から 国や自治体に頼らず自立して活動,しかも、
周辺の避難所にまでも物資を配っている、奇跡のハイパー避難所。

玄関には、「S×T×U」と「ハッシュボール」のポスターが貼られてます。
11-06-27034.jpg
 
仙台の[COSMIC] ダイスケさん。「NFK」モトヤンさん達も。そろった処で、
11-06-27045.jpg

またしても、物資の~バケツリレー~が始まります。
11-06-27041.jpg
ここでも,「MaHaLo」ウォーター!! HAWAIIの海洋深層水
11-06-27042.jpg
こう見えて、ずっしり。 ひと箱23キロ。 ガシガシ運びます!!
 
 
このあと、各部隊が散らばって,各地に物資を配ります。
11-06-27069.jpg
そのために、トラックの物資を積み換えです。

Phantomgate のメカニックであります,豆之進 君も来ています!!
11-06-27047.jpg

ガンガン働く[RUMBLE engineering]のヒカルさん,と
11-06-27065.jpg

[atelier CHERRY]のチェリーさんです!!
11-06-27068.jpg

トラック荷台で,さっそうと、身をこなすのは~56TATTOOstudio 岸さん~
11-06-27061.jpg
11-06-27062.jpg
11-06-27055.jpg
誰よりも,進んで作業される姿に、~こうしちゃおれん~ と後輩がついて来る!!

 
ここで、新潟から、積載車に乗って、熱い男 がやってきた!!
11-06-27030.jpg
新潟市の車屋さん 「N.S factory」 のツメさんが 登場っ!!
シモンシャチョー の高校時代,ラグビー部の先輩なのです。

以前にも、軽トラを届けてくれたのですが、今度はバモス!!
11-06-27031.jpg
~被災地の方が使ってくれるんなら、儲けはいらね~さ, とツメさん。

サスガっす!! オレ(結婚後、ビートル手放しチャリ通勤) もガンバって、
「N.Sfactory」さんで車を買おうっ,そうしよう。 冬までには・・。 

 
電話の鳴りやまない、明友館 千葉さん。 お忙しい中、お世話になりました。
11-06-27057.jpg
今回のSTU活動の為、土のう袋1400枚,スクーターを分けて頂きました。

物資をろくに配らず、密かに処分している ダメ避難所 とはワケが違います。

明友館スタッフの、真面目な糸数さんと、面白いギャンさん 良いコンビ!!
11-06-27063.jpg
一輪車と四輪タイプのハマー!!お借りします!!ありがとうございます!!
 
 
 
さて、この後は、STU各部隊,東北各地に分散して、物資を配ります。 
11-06-27075.jpg
ファントムゲートのハイエース,真っ黒で悪っそうで,カッケー!!

岸さんは,軽トラ!! 「たまにはイイぞ!!ガハハ!!」 と, 豪快なお方です!!
11-06-27076.jpg

それぞれの班が、訪れた地で ~繋がった ひと達~の元へ,
11-06-27078.jpg
 
 
 
我々、新潟班は 南三陸 「歌津」 へ、向かいます。
11-06-27039.jpg11-06-27053.jpg
実家が南三陸の エリちゃん,NFK トシ君と供にッ!!

津波のつめ跡が残る、沿岸部を北上します。

11-06-27119.jpg
11-06-27085.jpg
11-06-27086.jpg
11-06-27088.jpg
11-06-27093.jpg
11-06-27120.jpg

ガレキの景色が延々と続く・・。 都市部では、復興が進む一方で、
より被害の大きい沿岸部では、まだまだ こんな状況なんです。

電車の通っていた「橋」も 津波にさらわれて依然、寸断されたまま。
11-06-27094.jpg

この辺りでは、唯一のガソリンスタンド。 なんとか営業をしているようです。
11-06-27098.jpg
復興への意気込みを感じます, 「津波のバカ! でも がんばっぺ!!」の看板。

 
 
 
すぐ目の前が海岸の 「歌津町」に到着。 さっそく、物資を降ろします。
11-06-27104.jpg
11-06-27105.jpg

こちらは、エリちゃんのお母さん。 そっくりですね♪
11-06-27107.jpg
11-06-27108.jpg
11-06-27110.jpg
近隣の皆さんに集まってもらい、食糧や衣服など、皆さんが生活するには、
決して多くない量ですが,それぞれ 自由に 持ち帰って頂きました。

こちらの方は、家が流された後,一度は 程近くの避難所にいたものの
現在は、自宅跡地 近くの 山手の高台 で、テント生活をされてます。
11-06-27352.jpg
こちらのテントが、リビング。 現地の現状など、色々とお話を聞かせて頂きました。

恐ろしい津波と、その後の生活。 被災地から遠く離れた我々には、想像すら
しなかった、色々な問題などなど、TVでは絶対に わからない 「現地の声」

避難所では、食料等の物資が届くものの、上手く配られなかったり、
何かと不自由を強いられていたそうで、ここでの生活を選んだそうです。

電気も、震災から二カ月後に やっと通った のだとか、それまでの間、
暗闇での生活はとても、恐かったことでしょうね。 
11-06-27114.jpg
TNK君から預かった「冷風扇」もこちらにお届けしましたョ。


少ない物資のお届けにもかかわらず,あたたかく もてなして頂きました。
11-06-27353.jpg
イカの煮付けに,塩茹での お魚。 素朴で美味しい 漁師町のお料理。
11-06-27354.jpg
ホントにもぅ、お世辞抜きで,すっごく美味しかったです!!

自家製のお漬物に,お刺身まで!! ありがとうございます!!
11-06-27355.jpg

皆さん、大変な生活だと思います。 でも、とっても明るく元気です。
11-06-27115.jpg
~お兄ぃちゃん,お茶 飲んでいげ~ と,優しい お母さんたち♪

 
 
もし、自分の身に 同じ事が起きていたら、津波で 何もかもを失ってしまったら、、
ここまで前向きに元気で、こんなにも、ひとに優しく なれるだろうか・・。 

ここには、現代人が ~いつの間にか、無くしてしまっている~ のかもしれない,
「ひとの温かさ」 が、いっぱいです!! こんなに良くしてくれるなんて、、。

だから,「また来ようっ」 と思うんだなぁ, 何度も、何度も 東北に通う、
シャチョーの気持ちが、本当の意味が、理屈抜きで やっと解かったのでした。

新潟の車屋さん< NS factory >のツメさんも、また車を届けに来ます と約束。
 
 
 
そして、もう一か所。 こちらは当店ホームページのコメント欄 によせられた
情報を元に ~つながった~ お宅へ, こちらでもスクーターと、物資を,
11-06-27358.jpg
11-06-27356.jpg
かー君,新潟米お届け。 このポーズは、私が写真を撮る時のマネみたいです。

こちらでも、~お茶でも飲んで行って下さい~,と優しいお言葉。でも、もぅ
そろそろ 集合しなきゃいけない時間になってしまったので、また次回来ます!!
 
 
私達を、いっぱい もてなしてくれた皆さんですが、本当のところは、
こちらでは、まだまだ、水や食料も不足しているはずです。

調理もガスコンロですし、衣服など、生活用品も足りていません。 
買い物に行こうにも、商店のある街まで かなりの距離があります。

継続して、「息の長い」 支援が必要です。引き続き、ご協力をお願いします。
 
 
 

 
 
日も暮れて、STU本部隊と 再び合流 すべく、さらに北上して陸前高田へ,
11-06-27121.jpg
この辺りは、津波被害が大きくて、道行く分かれ道に「目印」がありません,
こうして、陸前高田に向かう道中も、やはり ガレキが延々と続きます、、。

11-06-27122.jpg
11-06-27123.jpg

TVで見ていると、一部分が断片的に破壊されているような印象をうけますが、
街から街へ、移動する間の長い距離間で ずっと この景色が続くんです。

東北の沿岸部 「何百キロにわたる一帯が、壊滅している」 というスケール感は、
現地に行って、生で見る意外には絶対に 伝わらないんだな と感じました。
 
 
 
途中、気仙沼港を通って,打ち上げられた「大型漁船」を目の当たりに、
11-06-27127.jpg
闇夜にうかぶ、その巨大な姿には、えも言われぬ「威圧感」を感じました。

気仙沼の街は、電気が復旧しておらず、暗闇の廃墟を行くのは「恐怖」でした。
11-06-27129.jpg

こんな処に、毎週来ていたなんて、、。 留守番のオレの方がよっぽど 楽だ。
 
 
 
 
22時ころ、集合場所の「長洞地区」に到着。 キャンプの明りに安堵。 
11-06-27135.jpg

STU初日の活動も無事終了。 で,カンパイ!! みんなオツカレサマっ!!
11-06-27137.jpg

コズミックのダイスケさんと,シャッチョさん。 なんか イイ画が撮れた。
11-06-27144.jpg
ちなみに、私は 「コヤマンJAPAN」 ではありませんよ,大吉さんっ♪

じゃんくあーと のヒデちゃん。ワイルドに肉をガシガシ食べるお。
11-06-27147.jpg

真面目トークのナベマコさん。 俺達バイク乗りに、何が出来る!?
11-06-27151.jpg
いやぁ,もぅ バイクとかは、関係ないよね,結局のところはさぁ、
~人としてどうするかだよなぁ~!!、、とスケベ椅子に座って 熱く語る。

7月24日のROCK THE QUAKE!の主催者 クリスさんと,
11-06-27141.jpg
日本の為に、がんばってくれています!!にしてもオモロイヒト!!
 
 
それぞれが、それぞれに この 場所と時間 を共有することで 自然と,生まれる
11-06-27152.jpg
連帯感 て いうのかなぁ。 上手くは言えないけど、ただキャンプして遊ぶのとは、
違った特別な空間。  同じ目的で集まった「仲間意識」に 説明は 要らないかも。
 
 
地元の方達と、酒を酌み交わし、お話を「聴く」 これもまた 大切な時間。
11-06-27153.jpg
皆の先頭に立ってくれる, 頼もしい我らがリーダー, 成田さんです。

この日は、地区の物資庫をおかりして就寝。 明日への鋭気を養う。
11-06-27156.jpg

おやすみなさい。 明日こそは本番, ガンガリヤショー!! 
 
 
今日はココまで~, 後半の 「泥だし」編 に続きます。





トップページ ショップインフォ アクセスマップ リンク モバイルサイト 中島志門フェイスブック 中島志門インスタグラム