« 忘年会ツーリング2011告知!! | メイン | 10.30 STU 「ガレキ撤去」後編 »

10.30 STU 「ガレキ撤去」前編

EDIT

10月の29 30< SupportTheUnderground > 活動報告です。

まずは、再び 石巻の 避難所 「明友館」へ,行ってきました。
11-10-30007.jpg
あれから半年。津波の水位跡も消え,コスモスが咲いていました♪

シモンシャチョーは毎月行っていたのですが,私コヤマンは留守番の為、
8月以来の活動報告も ままならずでしたが、ひさびさのレポートです。 

 
今回も、皆さんから お預かりした 「支援物資」 をお届けしました。
11-10-30000.jpg
今回もお米に 毛布、大量のトイレットペーパー、などなど荷物満載,
明友館 代表チバさん お久しぶりでございます!!

 
ここ 石巻市では、10月中までに各避難所が 「完全閉鎖」 しています。

ここ「明友館」でも,先日、すべての避難者が、仮設住宅や実家に
移ることが出来ていました!! おぉ,ひと段落 よかったですねぇ~!!

と思ったのですが、ニュースで見たのと現実は、やはり違ってました・・。

 
避難所から、仮設住宅に入れた とはいえ、依然,被災者の6割が、
「職を失っており 生活の見通しが立たない」 のが現状だそうです。

そんな中で、<物資、食糧の行政配給は無し> になったのですから、
むしろ、避難所生活時よりも いっそう厳しい状況にある方も多いそうです。
 
震災直後、県外などに一時避難していた方の中には、「仮設が出来た」と、
ニュース等の報道で知り、いざ、故郷に戻って来たものの、
~仮設入居申込は六月で終わっています~と、追い返されてしまい、
仕方なく 半壊の自宅で暮らす という状況も多いのだとか。

 
にもかかわらず、仮設住居に当選したものの、諸事情により、
入居してない、出来ない方も多く,空き部屋も多くある のだそうだ、、。

 
そもそも被災者の数を把握出来ていない行政が、仮設の必要戸数、
を把握できるハズも無く、「避難所閉鎖」の裏には 依然、相当数の
「在宅避難者」が大勢居る というのが現実のようなんです。
 
 
 

明友館では,「在宅避難者」の方々の負担を 少しでも軽減出来るよう、
被災者に <~継続して 支援物資を配る活動~> を続けています。

この日も在宅の皆さんが,物資をもらいに いらっしゃいました。
11-10-30002.jpg

商店も再開するなど、生活用品も手に入るようになったそうですが、
やはり、こうした支援物資があれば、 少しづつでも 助かるのだそうです。 

食料のほか、文房具や雑貨などジャンル分けされております。
11-10-30003.jpg

こちらは赤ちゃん用の粉ミルクや離乳食 のコーナーですね。
11-10-30004.jpg
お母さんも安心ですね。海外からの支援物資も多く見られました。

 
全部無料ですが、 皆さん 欲張らず 他の人の為にも、分け合って,
~必要なものだけを 少しずつ~,持っていかれるそうです。
PA2900141.jpg
とっても明るい 、お母さん達の ~めんこい笑顔~ が印象的でした。
 
 
我らがリーダー,ハッシュの成田さん達 ファントム部隊も到着。
11-10-30009.jpg
チバさんに,今後の支援物資は何が必要ですか?これから寒いから、
あたたかい服や、毛布なんかは要るんじゃないですか?と聞いたところ、

 
そういったモノは、確かに必要なんだけども、~各自が自ら選びたい~
物なんだそうだ。 決して贅沢とか、選り好みするわけじゃないんだけど、

苦しい生活の中で、少しずつだけど、ココロの余裕も出て来て、
結局、生活のどこに 「幸せ」 を感じられるかっていうとさ、
美味しい食事や、好みの洋服 などに お金をかけれるって部分だからね、

その分、生活費のドコを削るかっていうと、「消耗品」なんだよ,
ティッシュやトイレットペーパー,洗剤なんかの 生活用品。
ある意味、~なんでもいいモノ~ は貰えたら助かるんだよね。
 
 
との事でした。 正直、部外者の 私なんかからすれば、そういった
「消耗品」は、すでにあるだろうから、食料や衣類なんかが良いかなぁ,
と、思っていたんだけど、まったく その逆 だったんですねェ。

「選ぶ」ってことが 「幸せ」 を感じられる部分だから、というひと言は、
~あたりまえの幸せ~になれてしまっていた私には、印象的でした。
 
 
 
という訳で、今だからこそ支援を必要とする方も多いんですね。
当店では、今後も継続して「募金」 「支援物資」 の受付をしています。
ここを見てくれた皆さん、~引き続き御支援を~宜しくお願いします!!

 
この後、STU本部隊と岩手 「陸前高田」で合流するため北上,

道中は、依然 津波被害の景色が点在しています。
11-10-30013.jpg

11-10-30012.jpg

11-10-30015.jpg

11-10-30016.jpg
ひと月ごとに、道路が出来ていたり、ガススタやコンビニが出来ていたり,
大きな街は復興しつつありますが、小さな港街など、震災当初から手つかず
で、復旧の メドすら立たない という場所も、まだまだ多いです。 

主要国道を走っていると, 木々の紅葉、、!?
11-10-30010.jpg
手前側の木、紅葉してるのではなく、海水が押し寄せた際の塩害で,
木が枯れている所です。 津波が来て水位停滞したラインなんです。
沿岸部から数キロの場所です。津波の恐ろしさが現れていました。
 
 
 
そして、南三陸の町へ,以前コンテナ生活をしていた、お宅を訪問。
11-10-30019.jpg
現在は仮設住宅に入れたそう,毎回来ているOTKさんも,一安心でした。

御近所の皆さんにも集まって頂き、ここでも物資をおいていきます。
11-10-30023.jpg
11-10-30021.jpg
やはり東北の夜は,すでに寒いです。使い捨てカイロと毛布が人気。
特に漁師さんには、氷点下の海上でカイロは必需品だそうです。

一部報道では、支援物資が自立の妨げになるのでは という懸念が,
とも聞いていましたが、こんな微々たる物資で、妨げ になるでしょうか?
遠慮ながらに喜んでもらえるうちは、やはり必要。なんだと思います。
 
仮設住居の暮らしも、実際おじゃまして中を見せていただきました。
中々,快適だそうですが、数人の家族が暮らすには手狭な居住空間。

敷地の契約の問題等で、二年の期限付きだそうですし、仕事の無い
お年寄りは、その先の不安もあるでしょう。 まだまだ先は長いです。
 
 
 
さぁ、日も暮れて、岩手 陸前高田のSTU本部に到着です。既に寒い!!
11-10-30039.jpg

まずは,火起こしです。野生児登場ジャンクアーツ ヒデちゃん出番ッ!!
11-10-30028.jpg

種火を元に,キャンプファイヤーの準備ッ 元不良集団に火はキケン。。
11-10-30036.jpg

南三陸でいただいた鮭とサバを皆で頂く, ここで寿司職人の登場~!!
11-10-30031.jpg
さすがSTUッ!!メンバーには多才な顔ぶれが揃っております!!

炭火で焼いた魚は美味い!!これには 岸さんも御満悦。
11-10-30033.jpg
ステーキばりの御肉も登場して,一同、鋭気を養う♪
独立おめでとうのNISHI君に、フルゲイン元気君です。
11-10-30048.jpg
にしても肉食系集団!? STU部隊のBBQに  野菜などは, 無い。

 
アウトドア検定有段者。 ナリタさん監修の元,バベルの塔の建設。
11-10-30038.jpg
んでもって,ファイヤ~!!!!
11-10-30040.jpg

ッて,火ぃデカスギ!!(*^_^*) 皆で、あったまったとさ。 
11-10-30042.jpg
ところで,なんでコヤマン半袖なのさ? てまぁ,デブはホットイテくだされ♪

こうして,寒~い東北の夜も乗り切って、明日の作戦会議。
11-10-30047.jpg

翌日,重労働が待っているとは、まだ誰も知らない夜なのでした、、。

 
以上。 後編 「ガレキの 大木 撤去編」 に 続く。。
11-10-30097.jpg






トップページ ショップインフォ アクセスマップ リンク モバイルサイト 中島志門フェイスブック 中島志門インスタグラム